主婦の方が気になるような内容について書いてます^^

気まぐれ主婦のブログ

料理

卵焼きをふっくらするコツ9選。白だしでふわふわレシピご紹介。

更新日:

Pocket

Couleur / Pixabay

卵焼きをふっくら作る
コツ知りたいですよね。

お店の卵焼きは冷めても
ふっくらジューシーで
とってもおいしいです。

しかし、家で作るとなぜか
固くてスカスカに^^;
お店の様なふっくらジューシーな
卵焼きが作れるようになりたいですよね。

そこで、今回は卵焼きを
ふっくら作るコツについてご紹介しますね。


スポンサーリンク


卵焼きをふっくら作るコツ

コツ①卵の量はケチらない

卵焼きをいつも作る場合は
2個使用していたのですが、
3個使用してみたところ
いつもよりふっくらできました。

卵液の量が増えるので、
熱の伝わり方が弱くなり
その分、ジューシーさが
保たれやすくなるんです。

量が増えると巻く回数が
多くなったりして手間が掛かるので
イヤだなと思っていました。

 

後で紹介しますが、
卵3個分でも巻く回数は2回で
いいのでそこまで手間ではありません。

 

卵がしっかりと固まるか
不安だとも思いますが、
こちらも後で紹介しますが、
余熱で中まで固まるので大丈夫なんです。

コツ②卵を混ぜすぎない

卵は混ぜすぎてはダメです。
白身を箸で切るように軽く
混ぜるだけでOKなんですよ。

白身は菜箸に乗せ上に持ち上げる様に
すると上手に切ることができます。

 

私は卵を混ぜる時って
よく混ぜるほうが均等に
なるためいいかと思っていました^^;

卵を混ぜすぎてしまうと
卵液のコシが失われて、
卵が固まる力が弱まってしまうんです。

 

見た目は白身のかたまりが
少し残る程度で大丈夫です。
白身の組織を壊さずに残すことで
卵焼きの弾力を
保つことができるんですよ。

コツ③卵焼き器を強火で温める

卵焼き器を強火で温め、
少し多めの油を入れます。

油を卵焼き器全体にムラなく引くために
キッチンペーパー
使用するといいですよ。
油をまんべんなく広げることが出来ます。

卵焼き器が高温の時に
卵液を流し込むことにより、
卵液が音を立て細かい
気泡がたくさんできます。

この細かい気泡がたくさんできることで
柔らかい卵焼き
作ることが出来るんですよ。

 

また、冷めても出汁が外に出ず、
べちゃっとする食感を
防ぐことができるのです。

強火だと卵が焦げてしまいそうで
不安になりますが、
強火で焼くとふっくら作れます。

コツ④卵焼き器に卵液を流し込む

卵焼き器が十分に温まったら
卵液を流し込みます。

卵焼き器が温まったか確認する方法は
箸先に卵液をつけ、
卵焼き器に落とします。

そのときにジューッと音がしたら
しっかりと温まった印ですよ。

そこへ半分くらいの量を流し込みます。
(卵3個分で作る場合)

 

少し多めの量なんですが、
卵焼き器の温度を
上げ過ぎない為
なんです。

温度が上がりすぎると焦げてしまうので
多めの量を流し込むのです。

弱火にすると中まで
火が通るまで時間がかかってしまいます。

 

ふっくらした卵焼きを作る為には
強火でたっぷりの卵液を
流し込むことが重要なんです。

コツ⑤大きな気泡はつぶす

卵焼き器に卵液を流し込み、
しばらくすると大きな気泡が出来てきます。

気泡を潰し入っている空気を抜くことで
キメの細かい口当たりの
良い卵焼きとなります。

なので気泡はできたら必ず潰しましょう!

コツ⑥卵を巻いていく

表面がどろどろと固まってきて
半熟の状態になったら
奥から手前に向かって巻いていきます。

ここで重要なのは、
半熟の状態で巻くことです。
固まった状態では出来上がりが固い食感の
卵焼きとなってしまうからです。

 

巻く状態では生っぽくても
余熱で固まるので大丈夫です。

半熟の状態の方が火が通りすぎず、
余熱で固まる為、
中身がふわふわの状態となります。

コツ⑦再度卵を流し込み、巻く

再び卵液を流し込み半熟の
状態となったら巻き上げていきます。

コツ⑧フライ返しを使用する

巻いていく際に半熟の状態では
巻くのが難しいですよね。

上手く巻けない場合には
フライ返しを使用すると
綺麗に巻くことができますよ。

巻くときに上手く巻くことができなくても
形はあとで整えることができるので
安心して巻いてください!

コツ⑨形を整える

半熟の状態で巻くのは難しいですね。

綺麗な形に巻けなかった場合には
焼き上げた後にサランラップ
巻きすを使用して整えておくと
冷めた時に綺麗な形になっていますよ。

上手く巻けなくても冷めてしまう前に
形を整えれば大丈夫です。

スポンサーリンク



卵焼き白だし入りふわふわレシピ

≪材料≫
卵・・・・・・3個
白だし・・・・大さじ1
砂糖・・・・・大さじ2
牛乳・・・・・大さじ2
サラダ油・・・適量

≪作り方≫
①ボールに卵、白だし、砂糖、牛乳を
入れ、切るように混ぜます。
※混ぜすぎには注意してください!

②卵焼き器を強火で熱し、
サラダ油を引きます。

③箸先に卵液を付け、卵焼き器に落とし、
ジューと音がしたら
卵液の半分の量を入れ焼きます。

④大きな気泡が出てきたら潰します。

⑤卵が半熟になったら
奥から手前に巻いていきます。
※フライ返しを使用すると
巻きやすいですよ。

⑥再度②~⑤を繰り返します。

⑦形が上手くできなかった場合には
巻きすかサランラップに包み、
冷めるまで形を整えます。

⑧お好みの大きさに切り完成♪

まとめ

卵焼きをふっくら作る
コツについて紹介しました。

巻く作業以外は難しくないので、
ふっくらジューシーな卵焼きを
作ってみたい方は
是非参考にしてみて下さいね。

冷めてもおいしいので
お弁当にもぴったりです。
一度お試しくださいませ^^

人気ブログランキング、
ブログ村に参加しています。
ぽちっと押して頂けると励みになります^^♡

料理ランキング
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村





-料理

Copyright© 気まぐれ主婦のブログ , 2019 AllRights Reserved.