主婦の方が気になるような内容について書いてます^^

気まぐれ主婦のブログ

料理

卵焼きにマヨネーズを入れるとなぜふわふわに?牛乳の代わりは?

更新日:

Pocket

Couleur / Pixabay

卵焼きにマヨネーズを入れるとなぜふわふわになるか知りたいですよね。

卵焼きはお弁当の定番ですよね!
でも、冷めると固くておいしくありませんよね。

しかし、マヨネーズを入れることで
冷めてもふわふわでジューシーな卵焼きが作れるんですよ!!

また、他にも入れることでふわふわに出来る食材もご紹介します。

スポンサーリンク


卵焼きにマヨネーズを入れるとなぜふわふわになる?

冷めてもふわふわなのはなぜ?

卵焼きにマヨネーズを少量入れると
ふわふわな仕上がりになるって聞いたことありますよね。

マヨネーズを入れることで、
乳化された植物油や酢が、加熱することによる
タンパク質の結合をソフトにしてくれるのです。

しかも、乳化された植物油は冷めても固まらないため、
冷めてもふわふわな状態を保てるのです。

さらに、お酢には卵の色をキレイにしてくれる
成分があるのです。

まさに、卵焼きを作る際にはマヨネーズがぴったりなんです☆

スポンサーリンク



卵焼きに入れる牛乳の代わりになるものは何がある?

卵焼きをふわふわに作るには牛乳を入れると
いいと聞いたことありますよね?

しかし、牛乳がない時はふわふわにならず、
困ったことありませんか?

牛乳以外でも卵焼きをふわふわにしてくれる
材料をご紹介します。

牛乳

牛乳には豊富に含まれるカルシウムイオンが、
タンパク質同士をつなぐ、橋渡しの役割してくれ、凝固を促進してくれます。
その硬さの違いがふっくら感につながっているようです。

生クリーム

牛乳と同じ作用があります。

生クリームはあまりご家庭にないかもしれませんが、
牛乳の代わりに使用することができますよ。

ヨーグルト

ヨーグルトを入れることで、その水分で柔らかさを
保つことができ、ジューシーな卵焼きになるんです。

また、空気を多く含んでいる為、ふっくらするようです。

卵だけでは固く焼きあがってしまう為、
少量の水を入れることで卵液が緩くなり、
ふわふわとした食感にしてくれるんです。

また、水が卵の味や風味を舌に伝えてくれるため
よりおいしく感じることができるんですよ。

重曹

加熱することにより、重曹が二酸化炭素を発生させ
ふわふわにしてくれるんです。

卵を膨らませてくれて口当たりが柔らかくなるんです。

ただし、ガスが抜けないうちに速やかに焼く必要がありますよ。

卵に酢を加えるとオボアルブミンという空気を取り込む
成分の働きが強くなるので、ふわふわの卵焼きになります。

そのため、オスを入れることで空気を含んだ
ふわふわの食感となるんですよ。

また、火を通すため酢の味はしません。

炭酸水

炭酸水を加えることで炭酸が卵の中で気体化し、
そこに空気の層ができます。

そのためふわふわになるようです。

まとめ

いかがでしたか?
冷めてもおいしい卵焼きを作ることができなかったのですが、
マヨネーズを入れる様になってからは
冷めてもふわふわでジューシーな卵焼きを作ることができてます。

もうマヨネーズ入れなくては作ることが出来ませんね^^

是非一度お試ししてみてくださいね♪

人気ブログランキング、ブログ村に参加しています。
ぽちっと押して頂けると励みになります^^♡

料理ランキング
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村





-料理

Copyright© 気まぐれ主婦のブログ , 2019 AllRights Reserved.