主婦の方が気になるような内容について書いてます^^

気まぐれ主婦のブログ

美容

セルフヘアカラーをムラなく染めるコツ8選。市販ヘアカラー選び方。初心者オススメ紹介。

更新日:

Pocket

Engin_Akyurt / Pixabay

セルフヘアカラーをムラなく染めるコツ
知りたいですよね。

自宅でヘアカラーって
難しくムラになることありませんか?

ムラなくキレイに染めるには
いくつかコツがあるんですよ^^

そこで、
セルフヘアカラーをムラなく染めるコツ
市販ヘアカラー選び方について、
市販ヘアカラー初心者にオススメカラー剤
についてご紹介させていただきますね。


スポンサーリンク


セルフヘアカラーをムラなく染めるコツ

①部屋の温度

室温が20~25℃くらいが
ヘアカラー剤が染まりやすいです。

頭皮の体温が高い方が染まりやすい為
温かい部屋で染めるといいのです。

室温が20℃以下の場合には
放置時間を5~10分ほど
長めに放置するといいかと思います。

②ブロッキングをする

ブロッキングとは髪を少量ずつ分け
ピン等で留めていくことです。

キレイにムラなく染めるには
このブロッキングがとても大切です。

ブロッキングをしないで
薬剤を塗ってしまうと
奥まで浸透せずに、
ムラになりやすいのです。

ショートの方など髪の毛が短かいから
大丈夫と思うかもしれませんが、
髪が短くても長くても
ブロッキングをした方が
ムラなく染まりますよ。

また、ムラなく染められるだけでなく、
塗る作業もスムーズにできるので
時短にもなるのです^^

ブロッキングの仕方は
髪を4~5つのパーツに分けます。

①前髪
②顔の両サイド
③バック上部
④バック下部

毛量が多い方は③④のバックを
上・中・下と3分割に分けて
ブロッキングしましょう!

③生え際にクリームを塗る

生え際1cm内側
クリームを塗っていきます。

美容院では専用の保護クリームですが、
自宅ではハンドクリームで大丈夫です。

クリームを塗ることでヘアカラーが
皮膚に染まらないようにする為です。

また、皮膚についても簡単に
落とすことが出来るからです。

ただ、注意しておきたいことが、
ハンドクリームには
ワセリンが含まれてます。

このワセリンが髪に付着してしまうと
髪の染まりが悪くなってしまいます。

そのため、ハンドクリームは
髪の毛に付かない様にしましょうね。

④薬剤はたっぷり使用する

塗っている途中で薬剤が足りなくなって
しまうとムラになってしまいますね。

そのため、セミロングやロングの方は
2箱は必要かと思います。

薬剤をケチってしまうと
まだらに染まってしまうので
薬剤はたっぷりと塗りましょうね^^

⑤塗る順番を守る

髪の場所によって
染まり具合が違うのです。

毛の硬さ体温によって
染まり具合が異なります。

そのため、染まりにくい場所から
塗るとムラなくキレイに染まるのです。

えりあし→バック→
顔の両サイド→前髪
の順番に塗っていきます。

あと、注意してもらいたいのが、
根元1.5~2cm最後
塗るようにして下さい。

根元付近は体温が高いので、
色が入りやすく明るくなりやすいのです。

そのため、逆プリン状態
となってしまいます。

なので、えりあしから前髪まで
塗り終わってから
根元を染める様にしてください。

⑥ラップで包む

塗り終わった後は
ラップで包んでから放置します。
美容院でもよくしてくれますよね。

ラップで包むのには
いくつか理由があるのです。

1)温度を均一にしてくれる

ラップで包むことで
体温を均一にしてくれるのです。

先程説明させて頂いた通り、
体温によって染まり具合が違います。

そのため、体温を均一にすることで
ムラなくキレイに
染めることができるのです。

2)他の場所に薬剤が付かないようにする

部屋のどこかに薬剤が付くことを
防ぐことが出来ます。

染めている間は動くことは
ないとは思いますが、床などに
薬剤が落ちてしまう心配もありませんね。

3)カラー剤の乾燥を防いでくれる

薬剤はエアコン等で乾燥してしまいます。

また、薄く塗っている場所は
乾燥しやすいのです。

乾燥してしまうとうまくカラー剤が
反応しにくくなってしまうのです。

⑦放置する時間を守る

ヘアカラー剤に記載されている
放置時間を守るようにしましょう。

放置しすぎたり、早すぎると
思った色に染まらなく
なってしまうからです。

⑧乳化させる

規定時間放置したら、
ヘアカラーを流します。

この時に一気に流すのではなく
お湯を少量かけ
マッサージする様に泡立てます。

この乳化をさせる作業をすることにより、
ヘアカラーの色持ち
良くすることが出来るのです!!

せっかくカラーするなら
長持ちさせたいですよね^^

この乳化を丁寧にすることで
より長持ちさせることができますよ!!

スポンサーリンク



市販ヘアカラーの選び方

まずは自分に合ったヘアカラー剤を
選ぶことが重要です。

市販のヘアカラーリング剤って
クリームタイプ
泡タイプがありますよね。

自宅でヘアカラーをするには
どちらのが簡単に
キレイに染まるのでしょうか?

タイプ別に少しご紹介しますので
自分に合うカラーリング剤のタイプを
選んでみて下さい^^

クリームタイプ

美容院で染めてくれるように
クリームをコームで梳かすように
塗っていくタイプです。

コームで梳かしながらなので
細かい部分の生え際等
キレイに染まりやすいです。

部分的にメッシュの様に
入れたい方にもおすすめですね。

しかし、自宅で染めるとなると
自分1人ではキレイに染まりにくいです^^;

見えない後頭部に塗るのが1人では
かなり難しいです。

また、塗るのにも時間が掛かってしまい
髪全体が均等に染まらず
ムラができやすいですね。

自宅でも染めてくれる方がいるのでしたら
クリームタイプだと生え際まで
キレイに染まるのでオススメですね。

クリームタイプのメリット
・細かい部分を染めるのに向いている
・部分染めするのに向いている
・誰かに染めて貰うならクリームタイプがオススメ

泡タイプ

泡タイプはシャンプーするときのように
泡を髪に付けて揉み込んでいくタイプです。

自宅で染めるの初心者の方には
泡タイプの方が簡単に
染められるかと思います。

シャンプーをするような感覚なので
クリームタイプより比較的簡単です。

初心者さんによくありがちな
まだらに染まってしまうことも
泡タイプの方が少ないかと思います。

泡タイプの方が髪全体に馴染みやすいので
髪全体キレイに染められるかと思います。

また、1人でも見えない後頭部でも
泡を揉み込むだけなので
染めやすいですね。

しかし、クリームタイプとは違い
コームで梳かすのではないので
細かい部分や部分塗りということは
難しいです。

そのため、リタッチやメッシュなどには
あまり向かなさそうですね。

髪全体を染めるのでしたら、
泡タイプの方が簡単にキレイに
染められるためオススメです!!

泡タイプのメリット
・初心者に方でも簡単にできる
・1人でも染められる
・シャンプー感覚で染められる
・髪全体を染めるにはオススメ

スポンサーリンク



市販ヘアカラー初心者にオススメカラー剤

リーゼプリティア 泡カラー

初心者の方にはやはり
泡カラーがオススメです。

特にロングヘアの方には
クリームタイプはとても難しいです。

私もクリームタイプで
染めていたのですが
やはり後頭部がうまく塗れず
まだらとなり、
上手く染められませんでした。

特に明るい色に染めようとしている方は
泡タイプの方が全体的に
キレイに染めることが出来ますよ!!

カラーもたくさんあるので
色々選べますね。

美容院だと7000円以上する
カラーもロングの方でも
1500円程で染められるので
安く染められますね。

少しでも安く、キレイに染めたいと
いうかたは泡カラーで染めてみては
いかがでしょうか^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

セルフでヘアカラーって
なかなか上手く染めるの
難しいですよね^^;

私も何年か前ですが、
クリームタイプで染めていましたが
どうしてもムラとなってしまいました。

泡カラーのほうが簡単でキレイに
染まるのでオススメですよ^^

色々とコツがあるので
是非お試ししてみて下さいね。

人気ブログランキング、
ブログ村に参加しています。
ぽちっと押して頂けると励みになります^^♡

美容・ビューティーランキング
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村





-美容

Copyright© 気まぐれ主婦のブログ , 2019 AllRights Reserved.