主婦の方が気になるような内容について書いてます^^

気まぐれ主婦のブログ

ハンドメイド

ガーゼの水通しのやり方について。アイロンのかけ方。水通ししないとなぜダメなの?

投稿日:

Pocket

ガーゼの水通しのやり方について紹介させて頂きますね。

ベビー用をハンドメイドするときは
ガーゼ素材を使用することが多いかと思います。

そのときに必要となるのが水通しです。

私はガーゼ素材でハンドメイドしたことなく
今回ベビー小物を作る時に初めて知りました^^;

特に必要ないかと思っていましたが
ガーゼ素材を使用する場合は水通しが結構重要ですよ!!

では、ガーゼの水通しのやり方について、アイロンのかけ方、
水通ししないとなぜダメなの?かについて
ご紹介させて頂きますね!!


スポンサーリンク


ガーゼ水通しのやり方について

産まれてくる赤ちゃんの為に
ベビー小物を作る方多いかと思います。

ベビー用品を作る時には
ダブルガーゼ六重ガーゼを使用する場合が多いかと思います。

作る前に必ず水通しが必要となります。

では、水通し方法についてご紹介しますね。

布をたたむ


水通しをするための桶に入る様に
布をたたみます。

個人的に布の切れ端がほつれない様に
内側にしてたたむと良いです!!

水を張った桶に入れる


桶に水を入れ布を入れます。
布全体に浸かるようにして下さいね。

このとき濃い色と薄い色は色落ちする可能性がある為
別々にしましょうね!!

30分~1時間ほど浸けておきます。

軽く絞る

軽く絞ります。

雑巾を絞る様にぎゅうぎゅうに絞ると
しわになってしまいますので注意してくださいね。

乾燥させる


半乾き状態になるくらいまで干します。

外干しでも室内干しでもどちらでも大丈夫です。

私は洗濯バサミで留めてしまうと
跡がつくので室内干しにしました!!

水通しは洗濯機でもできるようですが、
水を浸ける時間や脱水のことを考えると
桶で浸し絞る方が水通しがしっかりと出来ると思います。

洗濯機を使用しなくても簡単にできるので
桶で水通しする方がオススメです^^

スポンサーリンク



ガーゼ水通しのアイロンのかけ方について

上記で紹介させて頂いた水通しが終わったら
今度はアイロンがけします。

布を裏側にする

半乾きの状態になったら布を裏側にし
アイロンをかけます。

完全に乾いた状態でも霧吹きを
かけてからアイロンをかければ大丈夫です。

アイロンをかける

中心部から外側に向かってアイロンをかけます。

この時力を入れ過ぎると
布が伸びてしまう為注意して下さいね。

中表にする

ハンドメイドがしやすい様に
中表(柄が内側)にしておく。

スポンサーリンク



ガーゼ水通ししないとなぜダメなの?

水通しとは?

買ってきた布地を水に浸け
乾燥させ布地を整えることです。

ガーゼ水通ししないとなぜダメなの?

・ガーゼ素材は縮みやすいため
・布に付いている糊を洗い流すため
・ホルムアルデヒドという成分を除去するため
・汗などを吸収しやすくするため

ガーゼ素材は縮みやすいため

ガーゼのように綿素材は水に浸けることで
縮むという性質があります。

そのため、水通しをせず小物を作ってしまうと
洗濯をすると縮んでしまうのです。

せっかく作ったものが縮んでしまうと悲しいですよね^^;

布に付いている糊を洗い流すため

布地には糊が付いています。
特にガーゼ素材は赤ちゃんに使うことが多く
糊が赤ちゃんにとって刺激となってしまう場合があります。

布地は糊を使用することで布の縮みを防ぎ
ハリを出してくれているのです。

そのため、糊を取ることで
布の縮みを防ぐことが出来ますね。

ホルムアルデヒドという成分を除去するため

ホルムアルデヒドとは布の縮みやシワを防ぐ為に使用されています。

高濃度のホルムアルデヒドに接触すると
発進やアレルギーなどを引き起こす可能性がある成分です。

そのため、水通しすることでその成分を
除去できますね。

汗などを吸収しやすくするため

買ったばかりの布って少し硬いですよね。
糊で加工してある為硬いのです。

そのため、水分を吸収しにくいのです。
赤ちゃんは汗をとてもかきやすいので
水通しをすることで汗を吸収しやすくしてくれます。

また、仕上がりもふわふわとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

せっかく小物を作っても洗濯すると
形が崩れると悲しいですよね><

ガーゼ素材で小物を作る場合は
必ず水通しをしてから作成しましょうね^^

人気ブログランキング、
ブログ村に参加しています。
ぽちっと押して頂けると励みになります^^♡

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





-ハンドメイド

Copyright© 気まぐれ主婦のブログ , 2019 AllRights Reserved.