主婦の方が気になるような内容について書いてます^^

気まぐれ主婦のブログ

料理

さんまの美味しい時期は?栄養効果と美味しい見分け方もご紹介!

更新日:

Pocket

lockerswatanabe / Pixabay

さんまの美味しい時期はいつか気になりますよね。

秋と言えばさんま!
おいしい時期を逃したくないですよね^^

さんまは栄養効果もたっぷり!
せっかく食べるなら美味しい見分け方も気になりますよね。

そこで!
さんまの美味しい時期、さんまの栄養効果、
美味しい見分け方についてご紹介します。


スポンサーリンク


さんまの美味しい時期はいつ?

さんまってどんな魚なの?

さんまは、北太平洋で水揚げされる秋の鮮魚なんです。
旬のさんまは脂が乗っていて、
秋の味覚の代表格とも言えますね。

さんまは餌を食べてから、排出するまで
時間が短い為、内臓にえぐみがないんです。

そのため、塩焼きにした時など、
はらわたもおいしく食べることができるのです。

さんまの旬の時期はいつなの?

最近では1年中スーパーで見かけるかと思います。
1年中見かけるのは解凍さんまだからなんです。

さんまは秋の味覚の1つですが、
いつ頃が1番おいしいのでしょうか?

生さんまの美味しい時期は9~10月の2ヶ月間なんです。

さんまは夏の初めごろに北海道や三陸沖に移動してきて、
産卵の為、栄養を蓄えます。
だんだんと太平洋岸を南下していきます。
8月中旬~下旬から漁獲が解禁となり、
9月ごろからおいしいさんまが食べられるんです。

三陸沖では親潮と黒潮がぶつかるため、エサが豊富の為
さんまに脂が乗っていておいしいんです。

11月以降は旬から外れる為、脂も減って、サイズも小さいのです。
そのため、生さんまを選ぶより、解凍さんまを
選ぶ方がオススメです。

解凍さんまは、おいしい時期の物を冷凍しているため、
旬から外れた時期には解凍さんまを食べるとおいしいですよ^^

スポンサーリンク



さんまの栄養効果とは?

さんまっておいしいだけでなく栄養が
とってもたくさん含まれているんですよ。

DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)
カルシウムビタミン鉄分など体に良い栄養素が
たくさん含まれています。

病気予防になる

さんまに含まれているEPAには
血液中のコレステロール低下させ、
血流を良くしてくれ血栓をできにくくしてくれる
働きがあるのです。

そのため心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞などの
予防効果があると言われています。

また、DHAにはコレステロールを抑えてくれ、
脳細胞を活性化させ、頭の回転が良くなる働きがあります。

そのため、痴呆症やアルツハイマー型認知症などの
予防効果があると言われているんです。

美容効果がある

さんまにはビタミンを多く含んでいるので、
美容効果があると言われているんです。

特にビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD
ビタミンEが多く含まれています。

ビタミンAやビタミンEは脂溶性ビタミンなので、
身体への吸収効果が高いんです。

身体の酸化を防いでくれたり、老化予防があると言われています。

内臓が苦手な方も多いかと思います。
しかし、内臓にはビタミンAがたくさん含まれているのです。
ビタミンAには身体の酸化を防いでくれ、肌を強くしてくれます。

より、美容効果を求めるなら内臓まで食べると
美肌を手に入れることができますよ。

スポンサーリンク



さんまの美味しい見分け方について

さんまのおいしい見分け方って知っていますか?

おいしいさんまを見分けるには
いくつかポイントがあるんです。

せっかくならおいしいさんまが食べたいですよね。

下顎の先端が黄色

まず選ぶときには下顎の先端を見ましょう。

この部分はさんまの鮮度を表すバロメーターなんです。
鮮度が落ちてくると、黄色から茶色となってしまいます。

だいたい、水揚げから3日程経つと茶色く変化してきます。

丸々と太ったもの

頭から背中にかけ盛り上がり、厚みのあるさんまが
脂が乗っていておいしいんです。

また、魚は内臓から傷みやすくなるため、
お腹が硬いもののほうが新鮮なんですよ。

目が澄んでいる

黒目の周りが濁っていなくて、
透明で澄んでいるものが新鮮です。

良ければこちらも参考にしてください。↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?

さんまの旬って短いですよね。
旬の時期には、脂が乗っていておいしく、
安く手に入れることもできますね。

栄養もたっぷりあるので、
旬のおいしい時期にたくさん食べたいですよね。

人気ブログランキング、ブログ村に参加しています。
ぽちっと押して頂けると励みになります^^♡

料理ランキング
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村





-料理

Copyright© 気まぐれ主婦のブログ , 2019 AllRights Reserved.