主婦の方が気になるような内容について書いてます^^

気まぐれ主婦のブログ

料理

さんまと大根おろしの食べ合わせは何が良いの?大根おろしの代用も紹介。

更新日:

Pocket

さんまと大根おろしの食べ合わせは何が良いのか知りたいですよね。

さんまの塩焼きと言えば大根おろし!
実はこの食べ合わせはとても良い効果があるんです。

大根おろしが苦手な方でも
代用できるものがあるんです。

そこで、さんまと大根おろしの食べ合わせは何が良いのか、
大根おろしの代用のオススメをご紹介します。


スポンサーリンク


さんまと大根おろしの食べ合わせは何が良いの?

胃もたれを防ぐ

さんまのように脂がたっぷりと乗った魚を食べると
含有されている油分により
胃もたれを引き起こしてしまうことがあります。

青魚全般に含まれているEPAやDHAといった不飽和脂肪酸が
多く含まれており、その脂が胃の粘膜を覆って消化を阻害する為
胃もたれを引き起こしやすくなるのです。

大根おろしにはジアスターゼという消化酵素が含まれています。
その消化酵素はデンプンを分解する酵素で、
胃もたれ胸やけ等の消化不良に効果があるんです。

そのため、さんまと大根おろしを一緒に食べることにより、
消化が良くなり、胃もたれになるのを防いでくれるのです。

実はジアスターゼは胃薬にも使用されている成分なんです。
胃薬と似た働きをしてくれますね。

老化を防いでくれる

さんまにはEPAやDHAの不飽和脂肪酸が
含まれていますよね。

必須脂肪酸と言われていて、
動脈硬化を防いでくれたり、
血液中のコレステロール低下させ、
血流を良くしてくれ血栓を
できにくくしてくれる働きがあります。

その一方で、空気に触れると
酸化しやすいという欠点もあるのです。

酸化が進むと過酸化物質へと変化し、
活性化酵素を生成し、老化の原因となってしまうのです。

しかし、不飽和脂肪酸の酸化を防いでくれるのが
大根おろしに含まれているビタミンCなんです。

ビタミンCには抗酸化作用があり、
不飽和脂肪酸の酸化の予防をしてくれるのです。

また、さんまにはビタミンEが含まれていて
ビタミンCとビタミンEを共に摂取することで
相乗効果が得られます。

ビタミンEにも抗酸化作用があるため、
より強力な抗酸化作用を得ることができるんですよ。

発がん性物質を分解してくれる

さんまの焦げ目には発がん性物質のトリプP-1という
物質が含まれているんです。

そこで!大根おろしに含まれている食物繊維
トリプP-1を吸収してくれ、
体の外へ放出してくれ、腸管での吸収も阻止してくれるのです。

また、消化酵素のぺルオキシターゼの働きにより、
無毒化してくれるのです。

これらの作用によって発がん性のリスクを
低下
してくれます。

そのため、さんまと大根おろしは
最強タッグとも言えるのではないでしょうか^^

食中毒予防してくれる

大根には、辛み成分であるイソチオシシアネートには、
殺菌・解毒・抗炎症作用があるのです。

そのため食中毒予防ともなります。

大根おろしは空気に触れることにより
酸化しやすくなるので
食べる直前にすりおろすのを
オススメします!

スポンサーリンク



さんまを食べる時大根おろしの代用のオススメは?

大根おろしが苦手な方や、
大根が無いというときに
代用できるオススメを紹介します。

カブ

カブおろしにする。
カブには大根おろしと同じ消化酵素が含まれているので
胃もたれや胃腸の働きを助けてくれるのです。

柑橘類

柑橘類のカボス、スダチ、レモンなどですね。

柑橘類には発がん物質の生成を抑える働きがあるんです。

香りもいいため食欲をそそられますよね。
大根おろしにプラスしても、
また違った感じになりよりおいしくなりそうですね♪

良ければこちらも参考にして下さい↓


まとめ

いかがでしたでしょうか?

さんまと大根おろしは定番ですよね^^
しかし、大根おろしと食べることで
こんなにも様々な効果があるとは驚きです!

是非、さんまを食べる時には
大根おろしをプラスしましょう!

大根おろしが苦手な方でも
代用できるものもあるので
参考にしてみて下さいね!

人気ブログランキング、ブログ村に参加しています。
ぽちっと押して頂けると励みになります^^♡

料理ランキング
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村





-料理

Copyright© 気まぐれ主婦のブログ , 2019 AllRights Reserved.